株式会社小学館集英社プロダクション
↑「ヘヴン」掲載中!一括で読めます。

ブログ内の検索


2009年06月24日

56.旅(1)

人気ブログランキングへ
8月中旬の恭子の退院日に顕児が迎えに来た。

恭子の入院は予定よりも長引いたが、ようやく症状が安定し、日常生活に支障ない状態まで復調した。

「本当にはるかの伯母さんの所へ行かなくていいのか?」病院のロビーを歩きながら、顕児が恭子に確認した。

恭子は2人の部屋へ戻りたいと言う。

だが、顕児はレースやテストで不在の時に恭子に何かあったら・・・という不安を感じていた。

「うん。こっちからの方が定期通院の時に近くて便利だからね。」

恭子の荷物を全て顕児が抱えて、病院の玄関を出て駐車場へ向かった。

小さなグレーの車の前で顕児が立ち止まり、ドアとトランクを開ける。

「え、車?」

「へへぇ、買っちゃった。」顕児がニヤニヤ笑った。

「だって・・・お金どうしたの?私、生活費分しか渡してなかったでしょ?」

「少しヘソくってたんだ。恭子の入院中にさ。」

「じゃ、免許は?」

「タヨタF1の日本でのテストとかで戻ったときに、固めて時間とってさ。けっこう苦労したよ。」

「えー・・・。ずる〜い!」

「いいだろ〜、俺は免許持ってる。恭子は免許持ってない。」顕児が勝ち誇ったように言った。



ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 056.旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

56.旅(2)

人気ブログランキングへ
顕児が手に入れたのは中古のグレーのプジョーだった。

初めて顕児が運転する車の助手席に座る恭子。

さすがに何の不安も感じない。

「へぇ・・・上手じゃない。」恭子が冷やかすように笑った。

「そう?ウィンカーとか、ワイパーとか、知らない装備がけっこう難しいんだぜ。」顕児がふざけて答えた。

車だと15分もかからずに自宅まで戻ってきた。

これで何かの時に、少しは役に立つだろう。

そんな思いで顕児はこの車を手に入れた。

自宅に着くと、羽を伸ばすように恭子がソファーにうつぶせに倒れこんだ。

「家っていいなぁ!」

「今まで静かで良かったのになぁ。」顕児が笑った。

「ねぇ、車で走るのって楽しい?」恭子が嬉しそうに聞いた。

「いやぁ、疲れる。けっこう気を使うのな。知らなかったよ。」顕児が車のキーと免許証を机の上にポンと置いた。

「食事は、酒とタバコ以外は何でもOKなんだってな。」顕児がバカにしたように言った。

「うん。どっちも私、要らないから。」恭子が笑って答えた。

そして、「しばらく、私が専業主婦してあげるね。」と言った。

「いいけど・・・、とにかく無理は禁止だぞ。買い物も、俺が居る時に一緒に行くこと。」

「はいはい。パパは厳しいのね。」恭子が冷やかす。

「だ、誰がパパだ!」

「嫌なの?」

「ちぇ、勝手に言ってろ。」



ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 056.旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

56.旅(3)

人気ブログランキングへ
夕方、宮城が訪れてきた。

「おー、良かった。美人のままで!」恭子の顔を見たとたん、宮城が最初に発した。

「なんですか、それ。」恭子が笑った。

「とにかくのんびり体調管理してくれよ。戻って来るときは、顕児を解雇してでもエースドライバーとして迎えるから。」

「そこまで言わなくても!」顕児が慌てて口を挟んだ。

「本当にごめんなさい。宮城さん。」恭子があらためて頭を下げた。

「いや、無理させてるのは昔から気になっていたからね。謝るのはこっちさ。」宮城がすまなそうな表情で言った。

宮城は30分ほどで帰って行った。

その間、必要であれば恭子の療養のため日本へ帰る準備もすること、代替ドライバーにオーストリアの中堅GP2ドライバーと契約したこと、いつでも体調の良い時にマシンテストに参加してコンディション調整して良いこと、基本的に恭子との契約はそのままにしておくこと、等々の説明をしてくれた。

加えて、恭子への取材は全てシャットアウトしていることを教えてくれたとともに、ファンレターの山を恭子宛に転送するとも言い残していった。

「とにかくメディアがうるさくて。」宮城の苦笑いが、反響の大きさを物語っていた。

恭子と顕児は宮城を食事に誘ったが、次のグランプリの準備のために、これからドバイのスポンサーに会いに行かなければならないと、残念そうに帰っていった。



ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 056.旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
落天rakutenの砂時計
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。