株式会社小学館集英社プロダクション
↑「ヘヴン」掲載中!一括で読めます。

ブログ内の検索


2009年06月06日

43.充電時間(1)

人気ブログランキングへ

「プルル・・・、プルル・・・、プルル・・・。」居間の電話が鳴り続いていた。

「はい、はい、ちょっと待ってくださいねぇ・・・。」恭子の母がキッチンから出てきて受話器を持ち上げた。

「あら、顕児君!」

しばらく間があく。

「ごめんねぇ、いま病院行ってるのよ。多分はるかちゃんの家にも寄ってると思うの。帰ってきたら電話させるから。」

顕児から恭子に宛てた電話だった。

顕児は自宅の固定電話の受話器を置いた。

「そうか・・・、まだ病院通い、続けてるんだよな・・・。」

ワールドカップが終わった翌週の火曜日だった。

学校が終わって顕児はすぐに家に戻り、恭子の家に電話した。

夕方5時。

『いつまでこっちに居るか、まだ聞いていなかった・・・。』その焦りが顕児にはあった。

月曜はさすがに家族水入らずだろうと遠慮して、今日、ようやく電話したのだ。

が、いきなり空振りだった。

堪えられない気持ちのまま、居間のソファーで横になる。

世界一になれなかった悔しさなど、もうどこかに行ってしまった。

あのショートカットは顕児には思い付きもしない方法だった。

が、あの複合コーナーを最速で、ストレートに通過できる最高のアイデアだった。

しかも、やろうと思っても簡単に出来る方法ではない。

英国でどれだけ恭子が鍛えられてきたか、それを痛いほど思い知らされたレースだった。

そんなことを思い出しながらぼんやりしているうちに、顕児はソファーの上で眠ってしまった。



ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 043.充電時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

43.充電時間(2)

人気ブログランキングへ

「おい、疲れて帰ってきた親を差し置いてソファーで寝てる奴があるか。」眠っていた顕児は角谷の声で目を覚ました。

「あ、おかえり・・・。あ、何時だ?」まだ寝ぼけた意識が残ったまま、顕児は恭子からの連絡のことを思い出した。

顕児の母親がキッチンから夕食を運びながら、「もう7時回ってるわよ。さっさとお風呂入ってね。」と告げた。

「で、電話きてなかった?」顕児が母親に聞くと、

「無かったわよ。」と冷たく返事が返ってきた。

「そっか・・・。」顕児がそう言った時、顕児の妹の真美がニヤニヤしながら何かを差し出した。

「なんだよ・・・?」むすっと顕児が言うと、「いらないなら捨てちゃうよぉ。」と澄ました顔で言った。

「恭子おねーちゃんがさっき置いてったのに。」

「え、来てたの!?」

「そうよぉ、あんた寝てるんだもの。」母親が言った。

「なんで起こしてくれないんだよ!電話してるの、そばで聞いてたろ!?」

「病院の帰りに寄ったんだってよ。どうせ丸山自動車に居るだろうから、これ渡して欲しいって。優しい子よね。」

「そうじゃなくてさぁ・・・。」そう言いながら、急に嬉しくなって真美が持っていたものを取り上げた。

『手紙か・・・。』

「うわ、お兄ーちゃん、鼻の下伸びてる!」

「起こさなくて良かったよねー、真美。」

「うっせーよ!」

「きっと、日曜のお前の走りにあきれてトレーニングメニューでも書いてくれたんじゃないのか?」角谷がいやみったらしく言った。

「あー、やな家族。」そういって、顕児は自室へ上がって行った。

「ご飯なんだから、すぐ下りて来てよ!」そう言って、母親は角谷と真美と嬉しそうに笑っていた。



ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 043.充電時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

43.充電時間(3)

人気ブログランキングへ

『顕児君 

 今週は金曜まで幾つか予定が入っていて会えそうにないので手紙にしました。

 もし時間が作れるなら、土曜の朝9時に丘の上公園で待ち合わせませんか?

 無理なら、来れないと留守電に入れておいて欲しいけど。

 はやく、お互いに携帯電話を持ちたいね。

                ワールドチャンピオンの恭子より。
 』

「・・・。なんだよ、これ。」そう言って、顕児は嬉しくてたまらなくなった。

勢い良く部屋を出て階下に下りて行く顕児。

「お父さん、今週末おれ、アタコ行けないよ!」

「へえ、世界チャンピオンに挨拶に行くわけだ?」角谷がそう言ったとたん、母親と真美も大笑いしていた。

恭子と会うことくらい、家族全員には判り切った話だった。



ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 043.充電時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
落天rakutenの砂時計
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。