株式会社小学館集英社プロダクション
↑「ヘヴン」掲載中!一括で読めます。

ブログ内の検索


2009年04月18日

4.恭子の母(1)

人気ブログランキングへ
「恭子、今日ははるかちゃんの家には行かないの?」母親が驚いたように恭子の傍にやってきた。

恭子は居所の無いような表情で、そして自分の部屋に閉じこもってはいけないと言い聞かせるような表情で、ソファーの肘掛に横向きで座っていた。

恭子から返事は無かった。

「はるかちゃん、調子崩したの?」心配そうに聞く母親。

「そんなこと無いよ、大丈夫。」

「それならいいけど・・・。恭子、暇しているんなら、ちょっと付き合わない?」

「どこへ?」

「了祐はサッカーだから帰ってくるまで時間あるし、自転車修理に行こうと思って。」

「自転車は、週末の予定だったでしょ?」

「あんなツルツルのタイヤのまま、はるかちゃんの家に行かれるとこっちが心配なの。」

「全然滑ったりしないよ。」

「いいから。ほらほら準備して。」

玄関先で恭子は、白のフレームがまだ眩しい、春に買ったばかりの新しい自転車の鍵を外す。

母親は玄関の施錠を再確認している。

「隆弘さんのところでしょ?」

隆弘は母親の幼馴染み。

考えてみると、ずいぶん久しぶりにする母親と2人きりの外出。

「最近は週末に、パパの車に乗せてって貰ってばかりだね〜。私も少し歩かないと、パパに何言われるか判んないなぁ(笑。」

「そうだよ〜、ママ少し太ったように思ってた。」

「やっぱり〜?専業主婦って肥満は避けて通れないのかしらねぇ(笑。」

とにかく母親は良く笑う。

恭子より女の子っぽくキャピキャピ笑う。

恭子が驚くほど、そして私もあんな風になりたいと憧れるほど元気に笑う。

そして、恭子のことをほとんど詮索しない。

さっきだって、「何かあったの?」とも聞かれなかった。

恭子が目の前に居れば、それで良いと感じているのかな?恭子はそんな風に、いつも自分の中で母親のことを理解しようとしている。


ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 004.恭子の母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4.恭子の母(2)

人気ブログランキングへ
「たかちゃ〜ん?」

「うぃ〜っ・・・。お、咲ちゃん」

相撲取りのような大男が、両脇に自転車を抱えて店の外から入ってきた。

「あら、そっちにいたの?」

「どうしたぁ〜?お、恭子ちゃん久しぶり!」

母親と大男の会話があまりにテンポ良く、咄嗟の問いかけにどう返事をして良いのかすぐに思いつけず、小さく頭を下げるのが精一杯の恭子。

「見てよ〜、これ。たかちゃんところの自転車って、寿命短いよ(笑。」

「え?なにが、なにが?」大男が小さな子供に手なずけられているような雰囲気で、隆弘が母親のところに飛んでくる。

「タイヤよ。ツルツルよ、もう。」

「タイヤぁ?」

大きな体を器用に丸めて自転車の下を覗き込む隆弘。

「え・・・。」

これもまた器用に、しゃがんだまま首だけを母親に向ける隆弘。

「これ、誰が乗ってた?」

「恭子に決まってるじゃない。」

「恭子ちゃんが?!」

目を点にして隆弘が恭子を凝視する。

「どこで乗ってるの?」

ちょっと落ち着いて話した方が良さそうに感じ、少し間をおいて話し始める恭子。

「友達の家を毎日往復して・・・、あと、丘の上公園。」

「丘の上公園?」隆弘。

「また、ずいぶんと哀愁感じるところへ通ってたんだ。1人で?」と大笑いしそうに言う母親。

「哀愁って、俺がフラれたこと言ってんの?咲ちゃん。」ちょっと苦い顔の隆弘。

「あら〜、まだ忘れられないんだ?」母親。

「よくいうよ、まったく」苦笑いする隆弘。

そして続けて、「恭子ちゃん、いつから丘の上公園行ってた?」と聞いた。

「前の自転車の頃からだけど・・・、去年の今頃からかなぁ。」

「わかった、ちょっと時間掛かるから直ったら届けるよ。」

「当然よ、たかちゃん。それと3割引きよ。」

「え〜、3割は無いだろぉ〜。」

「じゃ、よろしくねぇ!」と恭子を店から先に押し出す母親。

自転車屋の前には商店街が並び、夕方の買い物客やサラリーマンの往来も多くなり始めていた。

母親が自転車屋から出てくるまで、恭子はそれを絵の背景のように焦点も合わせることなく眺めていた。

店内でほんの僅かであったが、隆弘が母親に言った。

「前輪も、後輪も数ヶ月でこんなに磨耗させた客を始めて見たよ、咲ちゃん。」

「何してるのかしらね(笑。」

「怪我ひとつしてないのが信じられないよ・・・。」自転車を見下ろしながら、隆弘が真剣に驚いていた。


ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 004.恭子の母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
落天rakutenの砂時計
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。