株式会社小学館集英社プロダクション
↑「ヘヴン」掲載中!一括で読めます。

ブログ内の検索


2009年06月29日

59.別れ・・・そして夢へ(12)

人気ブログランキングへ

予選開始と同時に、各チームから次々とF1マシンがコースインを始める。

ピンクのヘルメットを被った恭子も周回を始めた。

モーターホームの中では、しおりがコースの模様を映しているテレビモニターを見つめている。

「まーま、これ!」と指を差して喜ぶ姿が愛らしい。

恭子が小学生の時に始めて乗ったレーシングカート。

F1も体にかかるGはカート以上に激しいが、高級車のようにマイルドなクルマだと恭子は感じている。

『でも、攻め甲斐がある!』

路面との対話はカートほどダイレクトではないが、ドライバーとの一体感は極めてレベルが高い。イメージしたことの8割近くを、このマシンが実現してくれる。

ホームストレート前を通過したとき、恭子はタイムアタックを開始していた。

「まだ様子見程度のタイムで充分だからな!」恭子の耳に宮城から無線が届く。

すでにコース上で5人がファステストを更新していたが、恭子が0.8秒以上速いタイムを出してピットに戻ってきた。

「しばらくこのタイムで様子を見ましょう。」恭子がマシンの中にとどまったまま、ピットの中で無線を介して宮城に提案した。

「何か変えてみたい所、気になる所はあったか?」宮城が確認する。

「このまま、マシンが機嫌を損ねないでいて欲しいってことだけ。」

恭子の目がコクピットの前に置かれたラップチャートモニターを睨みつけている。

「Q1はこのまま確定するかな?」宮城が少し期待を込めてスタッフに言った。

恭子のタイムは4位まで下がってそのまま動かない。

「そうですね。下位チームだけアタックを繰り返してますけど・・・そろそろ時間ですから。」




ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 059.別れ・・・そして夢へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
落天rakutenの砂時計
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。