株式会社小学館集英社プロダクション
↑「ヘヴン」掲載中!一括で読めます。

ブログ内の検索


2009年06月28日

59.別れ・・・そして夢へ(6)

人気ブログランキングへ

「それは間違いないですね。もっと戦闘力のあるマシンを提供したかったけれど、まだホワイトGPや復活したフィオーレにはマシンのポテンシャル面で及んでいないというのが本音です。」

「残る3戦、コンストラクターズチャンピオンは厳しそうですが、念願のドライバーズチャンピオンが手に入れられると思いますか?」

「コンストラクターズも諦めていませんよ。」宮城は苦々しく笑った。

「ですが、ドライバーズチャンピオンシップは絶対に今年取ります。これが取れなければ、ミヤギGPは撤退する覚悟もしています。」

「それほどの自信は?カドヤ選手に対するミヤギ・オーナーの並々ならぬ思い入れが噂されていますが。」核心を突く質問だった。

「ええ、このチームはカドヤ選手のために作ったチームだと思ってもらって良いでしょう。私は、自分が成し得なかったことを、天が私に引き合わせてくれた才能に託してきました。」

「シリーズチャンピオンをとっても、カドヤ選手は引退すると宣言されていますが。」さらに質問が続く。

「ええ。ただし、そのときは後継者をすでに決めています。いずれにしても、カドヤ選手があと3戦で結果を出してからの話ですがね。ただ、絶対に取りますよ。」宮城の表情は決意に満ちていた。

「じゃ、そろそろ時間ですので。ここでプレス・リリースは終了させて頂きます。」ミヤギGPの広報担当が言った。

「最後に!」カートマガジンの竹田が大きな声で宮城に向かって言った。

「私たちも期待しています。ぜひ、結果を。お願いします!」

「ありがとう、竹田さん。」宮城は竹田にだけは名前を付けて返事をした。



ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 059.別れ・・・そして夢へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
落天rakutenの砂時計
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。