株式会社小学館集英社プロダクション
↑「ヘヴン」掲載中!一括で読めます。

ブログ内の検索


2009年05月01日

12.ルーツ(2)

人気ブログランキングへ
「乗れてる!」

恭子の父親が恭子のラインとスピードを見て叫んだ。

了祐は無言で、母親は瞬きせずに恭子を見つめ続けている。

急斜面から緩斜面へ一瞬変化し、再び最大斜度のバーンに突入する。

先の見えない、大きく振ったラインになっている。

緩斜面最後の青の旗門手前で、恭子はイメージどおりに方向付けを終えた。

そのまま先の見えない急斜面にまっすぐ飛び込んでいく。

わずかに雪面から足が離れたような感触が伝わってくる。

「今だ!」

その瞬間、上体と下半身が大きく反転を始める。

次の赤の旗門への反転動作だ。

『弾き返して!』

雪面に願いを込めて、谷足側となる苦手の左足に全神経を注ぐ。

雪面からの反作用が徐々に伝わり始める。

ここではスライドせずに崖下へ弾き返して欲しい!

そのままトップスピードをさらに高めたい!

祈るような時間が1/100秒の世界で進んで行く。

「ドス!」雪とブーツと、腰骨、腹筋が同時に音を立てたような気がした。

『来た!』理想的な加速が始まった。

『あとはこの勢いを守るだけ!』

最後の急斜面を攻撃的に通過し、ゴール前の緩斜面で心臓が壊れる恐怖感と戦いながら最後のスケーティング!

ゴールと同時に足から力が抜け、転倒しながらスポンジ・バリアまで流されて行って止まった。

「疲れた・・・。」


ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 012.ルーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12.ルーツ(3)

人気ブログランキングへ
家族と何人かの大人が駆け寄ってくる。

「よーっく堪えたなぁ!!」

若い男が最初に声をかけた。

息苦しくてなかなか声が出せない。

「コーチ・・・。」

「たぶん、このタイムは抜けないよ!」

駆け寄ってきた母親が恭子に「胸はどう?」と心配そうに尋ねる。

「とにかくここを出なきゃ。」と父親が恭子のスキーを外し、すばやく恭子を背中に担ぐ。

「無理しすぎだぞ、恭子・・・。」そう言いながら、嬉しそうに父親が呟いた。

「勝てるかなぁ・・・。」恭子は父親の背中に顔を押し付け、目を閉じたまま言った。

今回のレースは、天候不順で時間が短縮されたこと、コース運営の都合上もあり、小学中学年クラスでは男子とも同じコースを利用する異例続きだった。

恭子たち女子のレース後、男子のレースも終了。

最終成績が掲示された。

「女子が男子のトップより速かったのか!」

周囲が騒然とした。

小学中学年クラスといえば3年生、4年生が競い合うグループ。

恭子はこの年に3年生になり、初めてこのクラスでエントリーしたのだが、男子4年生のトップタイムを抜いて女子の部の優勝を飾った。

「女子が先に滑ってるから、男子は不利だよ!」

「コースがいいだけ削れてたからな。」

そんな揶揄する声があちこちから聞こえていた。

しかしその時すでに恭子は、表彰式も欠席して帰途に就いていた。

「胸が痛い・・・。」

恭子は後部座席で母親に抱きついたままだ。

「やはり、スキーは心臓に負担が大きすぎるか・・・。」運転席で父親が呟く。

了祐は助手席のチャイルドシートの中でぐっすり眠っている。

心臓病とは言え体力を少しでも付けさせようと幼稚園の頃から始めたスキーだったが、皮肉なことに恭子が夢中になったスキーはアルペン競技のスキーだった。

しかし、それもここまでが限界かと思うと、恭子の父親も悔しさを噛み締めずにはいられなかった。


ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 012.ルーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13.インビテーション(1)

人気ブログランキングへ
「恭子!ちょっと降りて来てくれ!」

ここ数日、恭子はソファーから起き上がり、自分の部屋で夏休みの宿題を進められるほどまでに体調が安定していた。

「はーい!」

お盆休みに入り、父親もここ数日はのんびりと自宅で過ごしていた。

階段を下りて玄関まで来ると、いつもより多く靴が並んでいた。

『誰か来てるの?』

そう察しながら、開け放したままの居間の入口に吸い込まれていった。

居間に入ったと同時に、床に座った父親以外に大人の男が2人ソファーに座っているのに気が付いた。

その内の1人には見覚えがあった。

「突然ごめんね、恭子ちゃん。」そう話しかけたのは、アタコの森でバーベキューをした時にカートの乗り方を教えてくれた孝雄だった。

「あ、こんにちは。えっと・・・」

「たかおでいいよ、恭子ちゃん」と孝雄が笑って答えた。

「はい、孝雄さん。」

「えぇ!この子?孝ちゃん?」もう1人いた、恰幅の良い年配の男が驚いて孝雄を見る。

「ええそうですよ、森本さん。」自信たっぷりに孝雄が恭子の顔を見ている。

「まあ、こっち来て座りなさい。」父親が恭子を自分の傍に呼ぶ。

いったい何事かと思いながら、恭子が父親の横に正座した。


ヘヴン TOPへ

posted by 北乃 道晴 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 013.インビテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
落天rakutenの砂時計
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。